ベトナムで活躍中!

さくらセンターは4階建てです。入り口はせまいですが奥が長いです。1階は事務所と談話室、2,3階が教室、4階が宿舎になっていて、シャワー、トイレ、共同の台所つきです。 クラスの様子
お茶会は浴衣の着付けをしました。 バイクの後ろに乗ったのは初めてでした。すごくこわかったです。ベトナムの女性はマスクをして長袖シャツ、手袋と排気ガスよけだけではなく日焼け予防だそうで、バイクに乗っている人は誰だか分りません。
有名な生春巻です。魚醤のヌックマムをつけていただきます。魚の丸揚げ、イカ、エビの炒め物は中華に似ています。 コーヒーは、フィルターがついたカップに甘い練乳が入っていて、その上にコーヒーがDRIPして少し待つと、練乳と同じくらいのコーヒーが落ちてきます。フィルターを取って氷を入れて飲みます。コクがあって甘いです。

レポート 「ベトナム・ダナン日本語センターに赴任して」     品川 雅子

日本も熱帯夜が続いているようですね。ダナンも連日30度を超えていますが、雨季に入るようで時々激しい雨が降り、少し暑さがしのげる日もあります。

ベトナムの国土は日本の約9割の大きさで、南北に細長く、その中ほどの海岸にダナンは位置しています。全人口は約8,312万人 ダナンの人口は約80万人(2005年現在)中都市です。 近くに世界遺産に登録された古都フエがあり、また16世紀~17世紀にかけて日本人町もあった古い町並みが残るホイアン,五行山、ビーチなど風光明美なところが多いようです。休みにはぜひ訪れてみたいと楽しみにしています。

また食材は豊富で海の幸、山の幸があり、珍しい果物もあり、困ることはありません。有名な麺類、フォー、ブンがあり、シーフード、肉類のスープといろいろな味が楽しめます。魚や、肉のだしがよく出ていてコクがありおいしいし、安いです。

現地の人は朝ご飯を屋台での外食ですますそうで、フォー、ブン、おかゆ、またおこわご飯、赤飯も路上で売られています。昼休みが長く、学生もほとんどの人が家に昼ご飯を食べに帰るので、11時ころから交通ラッシュになり、オートバイが激しく行きかっています。 交通はバイクか自転車で、学校の送り迎え、買い物と活躍しています。排気ガスが多くマスクをして、月光仮面のような人が多く見受けられます。

さくら日本語センターはダナンで一番大きい日本語センターです。生徒数650名を数え、ベトナム人の教師、常勤・非常勤を含め10名、日本人8名、事務員5名の大所帯です。日本人教師がいることでも人気があるようです。

ダナンに日本の企業が数社あり、会社が勉強させてくれ、能力試験3級、2級に合格すると給料もアップするそうです。また通訳、ガイド、日本企業に就職したい、日本人と結婚したい、留学したい、日本語が面白いとか動機は様々ですが、16歳以上の人が来ています。80%が女子です。眼をきらきら輝かせながら熱心に取り組んでいます。

一般コースなので、朝と夕方、夜の3コースあり、授業の終わりは9時になります。教室も7つあり、夕方、夜のコースはフル回転で活気があります。

センターにいる限り皆さん日本語が通じるので、言葉には不自由しませんが、市場に行って買い物に困るので、そろそろベトナム語の基礎だけでも勉強しようと思っています。暑い毎日ですが元気に過ごしています。

機会があればぜひ遊びに来てください。お元気で。

2010・7・28     品川 雅子

以上